PotCalc

混合伝導性電解質中のポテンシャル分布計算用シート

前書き

 安定化ジルコニアやセリア系の酸化物イオン伝導体やバリウムジルコネート、セレート系などのプロトン伝導体は高いイオン伝導度から燃料電池セルや水蒸気電解セルの電解質として実用または研究開発が行われています。 しかし、これらの固体電解質 (特にセリア系やバリウムジルコネート系など) は部分的な電子伝導性を示すため、漏れ電流による起電力の低下や電流効率の低下が問題となることがあります。 これらの材料の電子伝導度は酸素分圧依存性を持つため、漏れ電流について評価するためには電解質中の酸素分圧 (ポテンシャル) の分布を求める必要があります。 本計算シートは混合伝導性の電解質を用いた燃料電池セル及び電解セルにおける酸素ポテンシャル分布を計算し、IV特性や電流効率を求めるために作成しました。 計算手法の詳細な説明については、現在、論文にまとめ投稿準備をしております。

PotCalcの概要

 PotCalcでは以下のような仮定に基づいてセルのIV特性および電解質中の酸素ポテンシャル分布を計算します。

動作環境(確認済のみ記載)

お知らせ

 2018年11月2日
 PotCalc ver 1.02 を公開しました。