京都大学 大学院工学研究科 材料工学専攻非鉄製錬学講座
(寄附講座:三菱マテリアル)
Department of Materials Science and Engineering, Graduate School of Engineering, Kyoto University
Laboratory of Non-ferrous Extractive Metallurgy (Endowed Chairs:Mitsubishi Materials Corporation)

非鉄製錬学の永続を目指して

 非鉄製錬学とは、銅、亜鉛、鉛、貴金属などを含む原料からこれら有価金属を抽出する技術に関する学問分野であり、長い歴史を有する分野の一つです。また、非鉄金属の製錬・精製やリサイクルに関する産業は、循環型社会の実現に不可欠な重要基幹産業となっています。特に近年では、エネルギー消費の少ない製錬プロセスの開発に加え、レアメタルを高濃度に含む都市鉱山からの有用資源の分離技術の開発の必要性が増しており、産業技術の開発と革新、それを支える基礎学問の発展や強力な人材の育成が世界的に求められています。
 本講座は、これらの社会的要請に応えるため、三菱マテリアル株式会社の寄附のもと2017年4月に新設された講座です。非鉄製錬学に関する基礎研究を行うとともに、社会人や大学院生(大学生)、高校生に対する教育ならびに啓蒙活動を積極的に展開しています。

  講座紹介パンフレット

社会人向けWeb講座 第3期の受講生募集

 産業界の明日を担う若手技術者を対象として、産業技術の開発・革新を支える基礎学問を学ぶ場を提供しています。本学材料工学専攻の教員を講師とするオンデマンド講義やオフィスアワーなどを通じて、 産業プロセスの根底にある理論を体系的に学ぶことができる教育プログラムとなっています。受講希望者は下記の案内を参照ください。

  第3期生募集案内

高校生向け出前授業・実験教室 希望校募集

 非鉄金属の製錬・リサイクルは私たちの現在の生活、そして将来のために無くて はならない産業ですが、普段の生活ではどのようなことを行っているか目にする 機会はありません。国内の製錬所における銅や金、銀といった非鉄金属の製造方 法や、非鉄製錬所が都市鉱山のリサイクルや廃棄物処理に重要な役割を果たして いること知ってもらうため、本講座では出前授業実験教室を行っています。 興味のある高校教員の方は、以下までお問合せください。

 非鉄製錬学講座 事務局 谷ノ内勇樹
 non-ferrous-kyoto@aqua.mtl.kyoto-u.ac.jp
 

お知らせ

国際学生シンポジウム International Student Symposium on Extraction Technology (ISSET) がThe Universtiy of British Columbiaで開催されました。宇田と谷ノ内がOrganizer Committeeとして開催に協力しました。NEW
カナダで開催されたCOM2019に谷ノ内が参加し、「Fundamental Study on the E-scrap Recycling Technique Using Alkaline Medium」のタイトルで口頭発表を、「Effects of Halide Addition on the Ferric Sulfate Leaching of Chalcopyrite」のタイトルでポスター発表を行いました。NEW
高校生向け実験教室「貴金属を作ろう!」を開催しました。
兵庫県立西脇高等学校の1年生22名が参加し、講義「現代社会を支える製錬学」の聴講と実際に現場で利用されている貴金属の分離法を体験しました。
社会人向けWeb講座 第3期生の募集 を開始しました。
城間 純 先生をお招きし、第4回非鉄製錬学セミナーを開催しました。
「電気化学インピーダンス測定法の原理と等価回路」
非鉄製錬学講座の運営会議が行われました。
社会人向けWeb講座 第2期生の前期期末テストが京都大学にて行われました。
佐藤修彰 先生をお招きし、第3回非鉄製錬学セミナーを開催しました。
「福島第一原発事故と素材プロセシングとの関わり」      
非鉄製錬学講座の 講座紹介パンフレットを公開しました。
京都大学ELCASへの協力として、高校生向けの実験実習を開催しました。
物理工学コースには6名の高校生が参加し、金や銅といった金属の分離・精製プロセスについての実験を体験しました。
社会人向けWeb講座第1期の後期試験と修了式が関西セミナーハウスで行われました。
社会人向けWeb講座第2期がスタートしました。
非鉄製錬学講座の運営会議が行われました。
原田 千純 が教務補佐員として着任しました。
福岡工業大学で開催された資源・素材2018(福岡)にて宇田 哲也 教授(兼任)が口頭発表を、高 陽がポスター発表を行いました。
第3回製錬関係討論会がクロス・ウェーブ幕張で開催されました(当講座は共催)。
全国から集まった13名の若手研究者による研究発表が行われ、議論を深めました。
社会人向けWeb講座第2期生の募集を締め切りました。
University of SaskatchewanのDr. Shafiq Alamをお招きし、
第2回非鉄製錬学セミナー
を開催しました。
"Sustainable Recovery of Precious Metals from Chloride Lixiviant using Biomaterials with Novel Functionality"Prof. Shafig Alam
非鉄製錬学特論の第14回目の講義として「実験実習2」が行われました。
国内銅製錬における銅や貴金属の分離精製プロセスに関する実験となります。
非鉄製錬学特論の第13回目の講義として「実験実習1」が行われました。
国内銅製錬における銅や貴金属の分離精製プロセスに関する実験となります。
非鉄製錬学特論の第12回目の講義が行われました。
京都学園大学 副学長 教授 前田 正史 先生による特別講義「非鉄製錬分野における産官学連携~研究と人の関わり~」
非鉄製錬学特論の第11回目の講義が行われました。
「白金族金属製錬概論」担当 谷ノ内 勇樹
非鉄製錬学特論の第10回目の講義が行われました。
東北大学 名誉教授 中村 崇 先生による特別講義「金属リサイクル」
非鉄製錬学特論の第9回目の講義が行われました。
九州大学 名誉教授 福島 久哲 先生による特別講義「電解製錬~電解浴組成と操業条件の設定原理~」
非鉄製錬学特論の第8回目の講義が行われました。
東北大学 名誉教授 中村 崇 先生による特別講義「非鉄金属製錬とリサイクル」
社会人向けWeb講座 第2期生の募集を開始しました。
応募期限は2018年7月27日(金)となります。
非鉄製錬学特論の第7回目の講義が行われました。
「金・銀製錬概論」担当 谷ノ内 勇樹
大藏 隆彦 先生をお招きし、第1回非鉄製錬学セミナーを開催しました。
「金属・エネルギー資源からリサイクリング ~資源の循環と技術の輪廻~」
講師 大藏 隆彦
非鉄製錬学特論の第5回目の講義が行われました。
三菱マテリアル株式会社 金田 章 様による特別講義「銅製錬概論」
非鉄製錬学特論の第4回目の講義が行われました。
「金属資源概論」担当 谷ノ内 勇樹
季刊 資源と素材 2018年春号に講座の紹介記事が掲載されました。
大学院の前期講義の授業期間が始まりました。本講座のスタッフは、非鉄製錬学特論にて講師を務めます。
非鉄製錬学講座の運営会議が行われました。
谷ノ内勇樹が東北大学で開催された
International Workshop on Mineral Processing and Metallurgy 2018 (IMM2018)
に参加し、"New Initiatives at Kyoto University for Promoting Non-ferrous Extractive Metallurgy"という タイトルで講演を行いました。
社会人向けWeb講座の前期期末テストが京都大学にて行われました。
第1期生13名が、前期講義「化学熱力学基礎」「状態図と組織形成」の試験に挑みました。
季刊 資源と素材 (2018年新年号)に岸本 章宏 特定助教の自己紹介が掲載されました。
京都大学ELCASへの協力として、実験実習を開催しました。 
物理工学コースの高校生7名が参加し、金属の分離精製プロセスに関する実習と議論を行いました。
まてりあ (Materia Japan)に講座の紹介記事が掲載されました。 
非鉄製錬学講座の運営会議が行われました。 
社会人向けWeb講座がスタートしました。 
第1期生には非鉄製錬に関連する各社から14名が参加し、化学熱力学や状態図、電気化学について学びます。
岸本 章宏 が特定助教として着任しました。 
ホームページを公開しました。 
高校生向け実験教室「金・銀・銅を作ろう!」を開催しました。
京都市立京都工学院高等学校の学生15名が参加し、非鉄金属がどのように製造されているかを体験しました。
社会人向けWeb講座 第1期生の募集が締め切られました。
多数の応募ありがとうございました。
非鉄製錬学特論の第14回目の講義として「実験実習2」が行われました。
国内銅製錬における銅や貴金属の分離精製プロセスに関する実験となります。
伊豆山研修センターにて、第2回製錬関係討論会を開催しました。全国から13名の若手研究者が集まり議論を深めました。
非鉄製錬学特論の第13回目の講義として「実験実習1」が行われました。
国内銅製錬における銅や貴金属の分離精製プロセスに関する実験となります。
宇田哲也が京都市立京都工学院高等学校にて出前授業「現代社会を支える製錬学」を行いました。
非鉄製錬学特論の第11回目の講義が行われました。
「白金族金属製錬」担当 谷ノ内 勇樹
非鉄製錬学特論の第10回目の講義が行われました。
東北大学 名誉教授 中村 崇 先生による特別講義「金属リサイクル」
非鉄製錬学特論の第9回目の講義が行われました。
「金・銀製錬」担当 谷ノ内 勇樹
非鉄製錬学特論の第8回目の講義が行われました。
九州大学 名誉教授 福島 久哲 先生による特別講義「電解製錬と不純物」
非鉄製錬学特論の第7回目の講義が行われました。
東北大学 名誉教授 中村 崇 先生による特別講義「非鉄金属製錬と不純物」
非鉄製錬学特論の第6回目の講義が行われました。
東京大学生産技術研究所 教授 前田 正史 先生による特別講義「鉄鋼製錬概論」
社会人向けWeb講座 第1期生の募集を開始しました。
応募期限は2017年7月28日(金)となります。
非鉄製錬学特論の第5回目の講義が行われました。
三菱マテリアル株式会社 佐藤 秀哉 様による特別講義「銅製錬概論」
非鉄製錬学特論の第4回目の講義が行われました。
京都大学 名誉教授 西山 孝 先生による特別講義「金属資源概論2」
非鉄製錬学特論の第3回目の講義が行われました。
京都大学 名誉教授 西山 孝 先生による特別講義「金属資源概論1」
大学院の前期講義の授業期間が始まりました。本講座のスタッフは、非鉄製錬学特論にて講師を務めます。
谷ノ内 勇樹が特定准教授として着任しました。
非鉄製錬学講座が三菱マテリアル株式会社の寄附により発足いたしました。
京都大学工学研究科 材料工学専攻 表面処理工学分野 教授 宇田 哲也 が本講座の教授を兼任します。
非鉄金属の製錬・リサイクルに関する基礎研究を行うとともに、社会人や高校生などを対象にした教育活動を展開します。
本講座の設立に関する記者会見が京都大学にて開かれました。
PAGE TOP